リハビリのスペシャリスト理学療法士|国家試験を受けて資格取得

勉強

医療学びたい

医療関係の仕事に就きたい場合、その専門学校などに通う必要があります。大阪なら、大阪医専大学で医療について学ぶ事ができるでしょう。場所も通いやすいところにあり、学部も豊富に用意されています。就職率も高いので卒業後も安心です。

障害者のサポートをする

男の人

医療に関わる仕事には患者と直接関わるものや、患者とは関節的に関わるもの等といった実に様々な種類があります。怪我や病気の治療を直接行うのは主に医師ですが、治療後のリハビリは理学療法士と呼ばれる人等が行います。理学療法士は怪我や病気等で体に障害がある患者に対して、運動等によって状態の改善を施す事を専門的に行います。この仕事には専門的な知識や技術が必要となるため、この仕事に就くには国家試験の合格が必要となります。ちなみに理学療法士と共によく作業療法士という言葉を聞きますが、どちらもリハビリに関わる仕事ではあるものの明確な違いがあります。それはどういった状態の患者のリハビリを受け持つかの違いで、作業療法士は社会復帰を目指す人のリハビリを主に行います。これに対して理学療法士は基本的な動作が出来るようにする事を目的としてるので、それぞれに受け持つ患者が異なるのです。理学療法士の国家試験を受けるためには最初に専門の学校に通い、そこで3年以上専門的な知識や技術を学ぶ事が条件となります。理学療法士の国家試験は毎年2月頃に行われ、その内容は筆記試験と口述及び実技試験となっています。この国家試験の合格率に関しては平均8割以上となっているので、比較的難易度は低いと感じてしまう人も少なくないです。しかし受験者の多くが何年もかけてしっかりと学んできた事でこの合格率となっているので、決して油断せずに資格取得に向けて勉強する事が大切だと言えます。